UT-Boardのロゴ
採用担当者様はこちら

長期インターンでクビになる?|クビになった時の対応と不当なクビを避ける方法を紹介!

アイキャッチ画像 クビ3

「長期インターンってクビになることはあるの?」

「長期インターンでクビになったときはどうすればいい?」

学生で長期インターンをしている方の中には、このような疑問を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論、長期インターンでクビになることはありますが、解雇には合理的な理由が必要です。

そのため、クビを告げられた際は理由を必ず理由を聞くようにしましょう。

本記事では、長期インターンでクビになったときの対応方法や、クビにならないための予防策についてご紹介します!

長期インターン中でクビになるか不安な方、クビになりたくない方は、ぜひ一度読むことをオススメします!

ハイレベルな長期インターンが見つかる

目次

長期インターンでクビになることはある? 理由なしにクビにすることはできない クビにされても仕方がない場合もある 長期インターンをクビになったらどうする? 長期インターンで不当なクビを避けるためには? まとめ

長期インターンでクビになることはある?

クエスチョンマークの写真

結論、長期インターンで実際にクビになることはあります。

しかし、実際のところ、長期インターンでクビになる可能性は非常に低いです。

クビになる主な理由は2つあります。

まず、1つ目の理由は、会社の経営状況の悪化です。

これは、インターン生のパフォーマンスとは直接関係がなく、経済状況や市場の変動など、外部要因によるものがほとんどです。

したがって、この点に関して、インターン生に責任はありません。

次に、仕事のパフォーマンスによる解雇の可能性についてですが、これはほぼ心配無用です。

なぜなら、インターン生は未経験者であることが前提であり、まだ社会に出ていない学生なので、企業側もそれを理解した上で仕事を割り振っているからです。

長期インターンで学生は社員同様に扱われるとはいえ、仕事ができないという理由による解雇は極めて稀と言えるでしょう。

ただし、 遅刻など勤務態度に問題があれば、解雇される可能性はあります。

理由なしにクビにすることはできない

NOの文字が書かれたアイテム

長期インターンにおける解雇には、合理的な理由が必要です。

労働契約法によれば、雇用契約は双方の合意に基づいて成立し、一方的な解雇は原則として認められていません。

特に、インターン生のパフォーマンスや行動に問題がない場合、理由のない解雇は不当解雇とみなされる可能性が高いです。

不当解雇を行う企業は、いわゆる「ブラック企業」である可能性が高いです

労働法を遵守していない可能性があり、他の面でも不当な扱いをされる可能性もあります。

多くの企業がインターン生の教育と成長に真剣に取り組んでくれますが、一部には法律を無視した不当な扱いをする企業もあります。

不当な解雇を告げられた際は、まずはクビの理由を聞いてみると良いでしょう。

また、詳細は後述しますが、解雇理由によってはそのまま離職した方が良い場合もあります。

クビにされても仕方がない場合もある

下を向く女性

勤務先の経営状況が悪化した場合、解雇されることもあります。

長期インターンでのクビの理由として最も多いのは、この理由です。

このような解雇は、整理解雇と呼ばれ、一定の条件下でのみ許されます。

ちなみに、整理解雇の条件として、以下の4つが挙げられます。

① 人員整理の必要性

余剰人員の整理解雇を行うには、相当の経営上の必要性が認められなければならない

② 解雇回避努力義務の履行

期間の定めのない雇用契約においては、解雇は最後の選択手段であることを要求される

③ 被解雇者選定の合理性

まず人選基準が合理的であり、あわせて、具体的人選も合理的かつ公平でなければならない

④ 手続の妥当性

説明・協議、納得を得るための手順を踏んでいない整理解雇は、他の要件を満たす場合であっても無効とされるケースも多い

(出典:労務安全情報センター

このように、正当な整理解雇には、企業の経営状況が深刻であること、解雇を避けるため他の手段が尽くされたことなどが必要です。

これらの条件が満たされた場合、クビは仕方のないことであると言えます。

長期インターンをクビになったらどうする?

窓際を向く男性

次に、長期インターンをクビになった場合、どうしたらよいのでしょうか?

対応として、以下の4つが考えられます。

  • 理由を聞く
  • インターン先と話し合う
  • そのまま辞める
  • 公的機関・弁護士に相談する

それぞれ解説していきます!

理由を聞く

長期インターンで解雇された場合、最初に行うべきことは、解雇の理由を明確に聞くことです。

整理解雇や不当解雇でない限り、解雇には何らかの理由が存在します。

解雇の理由が勤務態度の問題など、納得できるものであれば、それは不当な解雇ではありません。

例えば、遅刻が多い、期限を守らない、チームワークに欠けるなど、勤務態度に関する問題が原因の場合は不当解雇とはいえません。

クビになる前にも事前に何度も注意されているはずなので、言い訳はできないでしょう。

逆に、不当解雇の疑いがある場合は、その理由を明確に聞いておくと良いです。

長期インターンでの解雇は、決して望ましい結果ではありませんが、それは自己成長の機会とも捉えることができます。

解雇の理由を聞き、学びに変えることで、次のステップにつながるでしょう!

インターン先と話し合う

解雇の理由が納得できない場合は、インターン先との積極的な対話が必要です。

解雇の具体的な理由を聞き、自分の見解や状況認識を伝えることで、インターン先と自分の認識の違いなどを明らかにできます。

また、対話を通じて自分の至らなかった部分を知り、改善する姿勢を見せれば、解雇を考え直してくれるかもしれません。

そのため、インターン先との対話は非常に重要であると言えるでしょう。

不当なクビの場合、そのまま辞めるのもアリ

長期インターン中に理由のない不当な解雇を告げられた場合、そのまま辞めるという選択肢も考慮すべきです。

特に、解雇が明らかに労働契約法に違反している場合、続けられたとしても今後も不当な扱いを受ける可能性が高いため、その企業はやめておいた方が良いかもしれません。

不当解雇は法律違反です。

基本的な労働法規を遵守していないような企業では、インターンでの成長や学習も期待できないでしょう。

不当な扱いを受けた場合は、それも良い経験だったと捉え、新たなインターン先を調べても良いのではないでしょうか?

クビの理由に納得できない場合は、公的機関・弁護士に相談する

特に、解雇が不当であると感じた場合、公的機関や弁護士からの助言を仰ぐのも一つの手です。

解雇の理由が不明瞭であったり、合理的な説明がない場合、労働基準監督署や地域の労働相談情報センターに相談するとよいでしょう。

また、法的な視点からの意見を聞きたい場合は、弁護士に相談することもできます。

解雇の理由に納得がいかない場合は、専門家の助けを借りることも一つの手です。

長期インターンで不当なクビを避けるためには?

矢印が書かれた木

不当な解雇を避けるためには、そもそもしっかりとした長期インターン先を選ぶことが大切です。

本章では、長期インターンで不当なクビを避けるためにすべきことについてお話します!

応募する企業の情報をしっかりと調べよう

不当なクビを避けるには、応募前に企業の情報を入念に調査するとよいでしょう!

特に、最低賃金以下で募集している企業は、法律を遵守していない可能性が高く、信頼に欠けます。

このような企業は、不当な扱いやクビになるリスクが高いため、避けるべきでしょう。

また、経験上、友人や知人の紹介で知ったインターン先は信頼度が高いです!

友人や知人経由で、企業の情報や実際の職場環境について、よりリアルな情報を得られるからです。

不当なクビを避けるためには、慎重に企業選びを行うことが何よりも重要です。

適切な企業選択によって、インターンの経験を最大限に活かすことができるでしょう!

UT-Boardで長期インターンを探す

UT-Board イメージ画像

長期インターンの選定に “UT-Board” を利用するのもおすすめです。

UT-Boardは、株式会社Brotialが運営するハイクラス大学生向け求人サイトです。

UT-Boardの特徴は、登録学生の9割以上が東大や早慶などのハイクラスな学生で構成されており、学生に人気の企業の求人が多数掲載されていることです。

掲載される求人も厳選されているため、求人の質が高く、圧倒的成長に繋がる長期インターンを見つけられます。

また、サイトは職種ごとに求人検索でき、使い勝手の良さが人気の理由の一つになっています!

学生からの口コミ:

「選考ハードルの高い企業も中にはあるが、全体的に質の高い求人が厳選されている印象を受けました(東京大学4年)」

「UT-Boardに掲載されている企業で長期インターンをしましたが、一緒に働く学生も成長意欲が高く、刺激の多い長期インターン経験となりました(早稲田大学3年)」

「UT-Boardで見つけた長期インターンの経験が就活で高く評価され、第1志望の企業の内定を獲得することができました!(東京大学修士2年)」

UT-Boardで、圧倒的に成長できる長期インターンを見つけませんか?

ハイクラスなキャリアへの第一歩!

まとめ

上を見上げる男性

いかがでしたでしょうか?

以下は、本記事のまとめになります!

  • 長期インターンでクビになることはある
  • しかし解雇には合理的な理由が必要
  • クビを告げられた際は、長期インターン先に理由を聞き、納得がいくまで話し合うことが重要
  • どうしても納得できない理由の場合は、公的機関・弁護士に相談しても良い
  • また、法律違反の可能性がある場合は、そのまま辞めてしまった方が良いケースが多い
  • クビにならないために、企業の情報をしっかり調べたり、UT-Boardのような優良長期インターンサイトを利用するのがおすすめ

長期インターンをクビになりそうであったり、クビになってしまった場合には、本記事を参考にして対応を考えてみてくださいね。

UT-Board イメージ画像

優良な長期インターン先を探しているそこのあなたにおすすめなのが、ハイクラス大学生向け長期インターンサイト ”UT-Board” です!

当サイトは、高学歴学生向けのハイレベルな求人を取り扱っており、多くの学生の皆様にご好評の声を頂いております!

  • 長期インターン先選びで失敗したくない
  • 長期インターンのガクチカで絶対に就活を成功させたい

と考えているそこのあなた。

UT-Boardで新たな第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

優良長期インターンが見つかる!

UT-Board編集部ロゴ
UT-Board編集部ロゴ

UT-Board編集部

UT-Board は、ハイクラス大学生向けの長期インターンに特化した求人サイトです。 UT-Board 編集部は全員が長期インターンを経験済みの現役東大生・東大卒で構成されており、ハイクラス大学生に寄り添った専門家の立場から長期インターンに関する情報を発信しています。
また運営を行う 株式会社Brotial は、 認可情報と届出受理番号 (51— 募 — 000715号)を持つ求人情報提供事業者です。詳しい運営者情報・著者情報はこちら

「エリートなキャリア」
につながる、長期インターン。

UT-Boardのロゴ
ログイン

関連記事

30

【2024年5月最新】長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選!

長期インターンを探す際、「募集企業が多すぎて、どのような企業が良いのかわからない」、「ベンチャーと大手の長期インターンってどっちが良いの?」このような疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか? 本記事では、そのような疑問を解決するため、現役東大生である筆者が独自にリサーチした、長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選を紹介します! また、大手とベンチャーの特徴比較、長期インターン先の探し方、おすすめの長期インターンサイトなども合わせて解説しますので、悩める大学生はぜひ参考にしてみてください!

長期インターン サイト おすすめ

【東大生が選ぶ】長期インターンサイトおすすめ9選!

本記事では東大生が選ぶ長期インターンサイトのおすすめ9選を紹介します! 就活に成功するインターンサイトの選び方や、登録方法・注意点等に関しても説明します!

アイキャッチ画像 職種

長期インターンで人気の職種6選 | 職種別の業務内容とおすすめ求人も紹介

長期インターンで人気の職種6選を紹介! エンジニア、マーケティング、コンサルタントなどの人気職種について徹底解説。 職種ごとのオススメ求人と給料事情も詳しく解説。

アイキャッチ画像 休学

休学して長期インターンに参加はあり?休学して参加するメリット・デメリットを解説

長期インターンに専念する中で、「休学」という選択肢を思いつく学生もいるのではないでしょうか? 本記事では、休学して長期インターンに専念することのメリット・デメリットやよくあるQ&Aについて解説しています!