UT-Boardのロゴ
採用担当者様はこちら

長期インターンの面接対策! | 頻出質問10選を回答例とともに解説

アイキャッチ画像 面接2

長期インターンの面接では、どのような質問が聞かれるのでしょうか?

大学生のほとんどの方は、面接に慣れておらず、どういった対策を行えばいいか分からない方も多いと思われます。

本記事では、複数の長期インターンの内定実績を持つ現役東大生の筆者が、長期インターンでよくある質問10選を解答例つきでご紹介します!

面接時の注意点や面接までにやるべきこともまとめていますので、長期インターンの面接を受けたことのない学生は必見の内容となっております!

ハイレベルな長期インターンが見つかる!

目次

長期インターンの面接でよくある質問10選 | 質問意図と回答例も紹介! 長期インターンと就活の面接の違い 面接までにやるべき準備3選 面接時の注意点 長期インターン面接突破のコツ 面接に関するQ&A まとめ

長期インターンの面接でよくある質問10選 | 質問意図と回答例も紹介!

テストを受ける人

ここでは、長期インターンの面接でよくある質問10選とそれに対する回答例を、質問者の意図と重要なポイントを踏まえて紹介します!

1. 自己紹介をしてください

この質問には、「学生の基本的な情報を知りたい」「与えられた時間内に、過不足なく情報を述べることができるか評価したい」といった意図があります。

はじめの自己紹介だからといって侮ってはいけません。

面接官からの第一印象はとても重要ですので、あらかじめどのようなことを話すかは考えておいても良いでしょう。

例文は以下のようになります。

回答例

○○大学 経営学部 経営学科、1年生の○○です。大学では主に経営学を学んでおり、ゼミでは○○を勉強しています。新しいことに挑戦するのが好きで、大学ではサークルやバイト、ボランティアなど、自分の興味のあることに思い切って挑戦してきました。

長期インターンを通じて、ビジネスに関する知見を広げ、社会にも通じるスキルを身につけたいと考えております。本日はよろしくお願いします。

ポイント

自己紹介では、以下の情報は必ず含めるようにしましょう。

  • 氏名
  • 大学名
  • 学部学科・学年
  • 力を入れていること
  • 締めくくりの挨拶

自己紹介から話題が発展する場合もあるため、自己紹介に自分のアピールしたい情報を加えるとなお良いでしょう。

2. 志望動機を教えてください

この質問の意図としては、以下が考えられます。

  • 学生が自社に対してどれほどの熱量があるのか知りたい
  • 志望動機をどれだけ論理的に話すことができる能力があるのか知りたい
  • 自社とのマッチ度を知りたい

例文は以下のようになります!

回答例

私が御社を志望する理由は、強く志望する理由は、貴社が展開するマーケティングのコンサルティング業務に興味があるからです。

私は、大学で行動経済学の授業をきっかけに、消費者の意思決定過程に影響を及ぼす心理的要因に興味を持ち、マーケティング等のビジネスにどう活用されているのか、より知りたいと感じるようになりました。

御社では、マーケティングに関する専門的な知識が得られるとともに、多様なクライアントとのプロジェクトを通じて、業界を問わず幅広いマーケティング課題に取り組む機会が得られると考えております。

ポイント

志望動機で面接官が主に確認したいことは、

  • 学生の熱量
  • 学生の論理的思考力
  • 自社とのマッチ度

などです。

必ず面接前に採用ページを確認し、自分が志望したきっかけを誰にでも分かるような文章に落とし込むことが重要です。

ただ、面接が初めてで、志望動機の作り方が分からない学生もいらっしゃるかと思います。

以下の記事では、長期インターンの志望動機の書き方に絞って詳しく解説しています!

ご興味ある方は、ぜひご確認ください!

アイキャッチ画像 長期インターン 志望動機

【例文有り】長期インターン志望動機の書き方徹底解説|志望理由に含める内容も紹介!

長期インターンの選考では志望動機が重視されます。本記事では、現役東大生の筆者が志望動機の作成ポイントについて、具体例を用いながらわかりやすく紹介します!

3. キャリアビジョンを教えてください

面接官は、学生が自身の将来についてどのように考え、目標を達成するために長期インターンをどのように活用したいのかを理解しようとしています。

これによって、自社の長期インターンとのマッチ度などが見られています。

回答例は以下のようになります。

回答例

私のキャリアビジョンは、デジタルマーケティングの分野で専門知識を深め、将来的にはマーケティング戦略を立案し、実行できるリーダーになることです。

この長期インターンを通じて、実践的なスキルを磨き、業界の最前線で働くプロフェッショナルから学ぶことで、その第一歩を踏み出したいと考えています

ポイント

キャリアビジョンは漠然としたものでもいいです。

例のように、キャリアビジョンと長期インターンでできることを結び付けられるとよいでしょう。

4. 弊社でどのような仕事をしたいですか?

面接官は、この質問を通じて学生が企業の事業内容や提供するポジションに対してどれだけ理解しているか知ろうとしています。

また、自身のスキルや経験をどのように活かして貢献できるかも評価されています。

回答例は以下のようになります。

回答例

御社のプロダクト開発チームで働き、大学での研究で培った知識とコーディングのスキルを活かして、ユーザー体験を向上させる新しい機能の開発に貢献したいです。

特に、AIを活用したサービス改善に関わりたいと考えています。

ポイント

事前に企業の事業内容、文化、求めているスキルについて、しっかりとリサーチしておくことが重要です。

また、自分がどのようにそのチームやプロジェクトに貢献できるか、具体的なスキルや過去の経験をもとに説明できるようにしておくとよいでしょう!

5. これまで最も力を入れてきたことは何ですか?

面接官は、この質問を通じて今までどんな目標を立て、目標に対してどのようなアプローチをしてきたのか知ろうとしています。

また、質問を通じて成果に対してどれだけコミットできる人なのかも見られています。

回答例は以下のようになります。

回答例

学生時代に頑張ったことは、高校時代のバスケットボール部で、チームで近畿大会出場を目標として部活動に取り組み、実際に県内で準優勝できたことです。

自分の強みである積極性を活かして、全体練習ではチーム全体の士気を上げるために声をかけ、自主練習にも進んで取り組みました。

結果、私が2年生の時には県内準優勝、3年生の時には県内ベスト4の成績を収めることができました。

ポイント

最も力を入れたことを述べる際、意識すべき主なポイントは以下です。

  • それに取り組んだ動機・目標を明確にする
  • 実績を定量的に示す
  • チームで働いた経験を示す

以上のポイントを踏まえることができれば、面接官には自身がどのように目標に対して努力してきたか、それらの結果はどうだったかを効果的に示すことができます。

ただし、これだけではガクチカをどう書けばいいか分からない学生もいるのではないでしょうか。

以下の記事では、長期インターンのガクチカを述べる際のポイントをまとめています!興味のある方はぜひ参考にしてみてください!

アイキャッチ画像 ガクチカ

長期インターン経験をガクチカに活かす!書き方の流れと例文も紹介

長期インターンの経験をどのようにガクチカに活かすかを説明した記事。長期インターン経験者はわずか3%であり、これをガクチカに活用することで大きな差別化が図れる。本記事では、長期インターンの経験をガクチカに用いるメリットや書き方、注意点などを詳しく解説している。

6. あなたの強み(自己PR)・弱みを教えてください

面接官は、この質問を通じて学生の人柄だけでなく、自分の強みや弱みを客観的に見ることができるかや、自社のカルチャーや長期インターンの業務内容とのマッチ度を知ろうとしています。

例文は以下のようになります。

回答例

私の強みは、チームをまとめ、個人の能力を最大化できる力です。

高校の部活動では、メンバー個々人の意見を聞き出し、部員それぞれが活躍するにはどうすればいいかを考え、練習メニューや試合の戦略に落とし込みました。

一方で、私の弱みは時に細かいディテールに囚われすぎることです。

私はこれを改善するために、優先順位を設定し、効率的なタイムマネジメントを実践するようにしています。

ポイント

強みを述べる際は、具体的なエピソードを交えることで、強みが実際の行動や成果にどう繋がったかを示すとよいでしょう!

また、弱みについて言及する際には、それを克服するための具体的な行動や改善策を提示することで、成長意欲と問題解決能力をアピールすることができます!

7. 他はどのような企業を受けていますか?

面接官は、この質問を通じて、どのような企業を受けており、自社への志望度はどれくらいなのか知ろうとしています。

中には、応募者の業界への関心の幅、キャリアに対する考え方について理解し、自社がその選択肢として本当に良いのか、一緒に考えてくれる企業もあります。

回答例は以下のようになります。

回答例

私は、最新技術を用いて社会に影響を与える企業に強く関心があります。

そのため、御社のほかに〇〇など、同様にテクノロジーを駆使して新しい価値を生み出している企業に応募しています。

ただ、○○に関する技術力が高く、新たな挑戦を歓迎する社風のある御社を第一志望としています。

ポイント

どういった理由(選社の軸)で他の企業を受けているのかを説明しましょう。

また、他の企業も具体的に挙げつつ、選考を受けている企業への志望度の高さを強調することも重要です。

8. 週何日・何時間稼働できますか?

この質問の意図は、学生がどれくらいの時間稼働できるかを知ることです。

回答は以下のように、シンプルなもので良いでしょう。

回答例

月火木の週3日働くことができます。

時期にもよりますが、時間帯は9:00〜15:00までで、週18時間ほど稼働できます。

ポイント

正直に答える方が良いです。

採用側も、インターン生の稼働日数を考慮してプロジェクトを組む場合もあるため、過大に報告すると企業側に迷惑をかけかねません。

勤務日数は正直に報告した方が良いでしょう。

9. 趣味を教えてください

この質問を通じて、面接官は学生とのアイスブレイクを図ったり、話題を作ろうとしている場合が多いです。

また、学生の人となりもざっくりと知ろうとしている場合もあります。

回答例は以下のようになります。

回答例

趣味はフットサルです。

サークルに所属しており、週に2~3回ほどしています。

つい先日、大学の大会に出場し、準優勝しました!

ポイント

面接を始めて最初の方にされる質問です。

そこから自分の人となりを深堀られる可能性があるので、「なぜ始めたのか」「どういう点で魅力に感じたのか」などは話せるようにしておきましょう。

面接官は何名もの学生を相手にしているので、ここでインパクトのあるようなことを話し、面接官に覚えてもらうのもアリです。

10. 逆質問があれば、ご質問ください

ここでは、学生が面接官に知りたいことを質問するという場となっていますが、面接官には学生がどれ程自社に興味があるのか、どれだけ積極的に仕事に携わりたいのかという点も見られています。

基本的に、自分の知りたいことを聞くと良いですが、自分の長期インターンに対する熱意をアピールするのに絶好な機会でもあります。

例文は以下のようになります。

回答例

御社が現在最も注力している事業について、もっと教えていただくことはできますでしょうか?

御社のビジョンとして、『社会に新たな価値を提供し、持続可能な未来を築く』というものがありますが、それを達成するためにどういった事業を展開しようとしているのか興味があります。

ポイント

事前にしっかりとリサーチを行い、一般的な情報ではなく、その企業や職種特有のより詳しい情報を知りたい、という姿勢を示すことが重要です。

また、後述しますが、逆質問するだけでなく、それをもとにどのように自分が考えを持ったか理解を示すことも重要です。

長期インターンと就活の面接の違い

パソコンやノートの写真

続いては、長期インターンと就活の面接の違いをまとめました!

主な違いは以下の3つです。

  • WEB(オンライン)面接が多い
  • 私服で参加することが多い
  • カジュアル面接の場合もある

それぞれ以下で解説していきます!

WEB(オンライン)面接が多い

長期インターンと就活の面接の大きな違いとして、特にオンライン面接が多用されることが挙げられます。

オンライン面接では、場所に縛られずにどこからでも参加可能であり、学生は交通費や時間を節約できるなど、メリットが多いです。

しかし、オンラインでのコミュニケーションには慣れも必要です。

対面とは異なり、コミュニケーションに時差が生じる場合もあるので、その点も気をつけて挑む必要があります。

また、適切な背景や照明を選ぶことが重要です。

背景に関しては、ぼかし背景や白などの落ち着いたバーチャル背景を選択することが一般的です。

また、照明に関しては、自分の顔がはっきり見える程度であれば問題ないでしょう。

私服で参加することが多い

長期インターンの面接では、私服での参加が多いです。

学生にとっても採用者にとっても、準備の負担が少なくなり、緊張感も少し和らぎやすくなるでしょう!

しかし、私服であっても適切な服装選びは重要です。

過度にカジュアルすぎる服装や、あまりにもラフなスタイルは避け、清潔感があり、自分を適切に表現できる服装を心がけるべきです。

例えば、白のシャツなどにきれいめなパンツやスカートを着れば問題ないでしょう。

カジュアル面接の場合もある

カジュアル面接では、応募者の志望動機や経歴などは聞かれません。

カジュアル面接で聞かれることは、応募者が自社の何に興味を持ったか、長期インターンで何をしたいかなどが聞かれます。

この面接を通じて、自社の長期インターンでできることとのマッチ度や、職種の適性がざっくり判断されます。

カジュアル面接であっても、準備は必須です。

ここで、自社とのマッチ度が低いと判断された場合は、次の選考に進めないことも多々あります。

あらかじめ企業について調べておき、自分の関心事、経験したいことと長期インターンでできることの関連性を話せるようにしておきましょう。

面接までにやるべき準備3選

壁に書かれた文字と男性

続いては、面接までにやるべき準備を3つに絞って解説します!

① 自己分析

長期インターンの面接に向けて最も重要な準備の一つが自己分析です。

自己分析を通じて、自分の強み、弱み、興味がある分野、そしてそれらがどのように将来のキャリアにつながるかを深く理解することができます。

過去の経験を振り返り、特に成果を上げたプロジェクトや活動、困難を乗り越えた経験などを思い出してみましょう。

そして、それらの経験をもとに自身の強み・弱みを分析し、長期インターンで志望する職種や業務との適性を関連付けて話すことができるとよいです。

長期インターンに初めて応募する学生は、自己分析を通じて自分自身を深く理解し、面接で自信を持って表現できるよう準備しておきましょう!

② 業界分析

面接前の準備では、業界分析も欠かせません。

業界分析によって、志望業界の将来性や安定性を知ることができます。

また、志望する企業がどんな独自性や競争力を持ったサービスを提供しているかを理解するためにも、業界分析は非常に重要です。

業界に関して深く理解しておけば、面接の際にも、あなたの業界に対する志望度や、長期インターンとのマッチ度を面接官に示すことができるでしょう!

③ 企業分析

志望企業も徹底的に分析することが必要です。

企業分析で、企業の事業内容、ビジョン、業界内での位置づけ、さらには直面している課題や最近の実績などを把握しておきましょう。

企業分析を通じて、企業にどのように貢献できるかを具体的にアピールすることができます!

企業の公式ウェブサイトをはじめ、年次報告書、プレスリリース、関連するニュース記事などから情報を収集しておくとよいでしょう。

また、SNSや業界フォーラムでの従業員や顧客の評価も参考になります。

これらの情報源を通じて、志望する企業について理解しておけば、自身の志望度などをアピールすることができるでしょう!

面接時の注意点

ビジネスマンの写真

続いて、面接で注意したいことを4つに絞ってご紹介します!

結論ファーストで、簡潔に伝える

面接時には、結論ファーストで簡潔に情報を伝えることが重要です。

結論を先に述べることで、面接官に内容の全体像を明確に伝え、その後の説明で詳細な情報を補足することができます。

また、簡潔性を保つためには、事前に自分が伝えたいポイントを明確にし、余分な情報は省略することが重要です。

面接官は多くの応募者を見ているため、長々とした話よりもポイントが明確な回答の方が、面接官に良い印象を与えます!

また、結論ファーストで話すことで、面接官にスマートな印象を示すことができるでしょう。

マナーを守る

面接時にマナーを守ることは、当たり前ですが重要です。

まず、面接の日時に遅れないようにすること、適切な服装を選ぶことは基本中の基本です。

先述しましたが、オンライン面接であっても、背景や照明に気を配り、カメラに向かって正面から話すなど、環境を整えることも大切です。

さらに、面接官の質問には敬語を使って丁寧に答え、面接終了時には、機会を与えていただいたことへの感謝の意を表すことを忘れないようにしましょう。

10分前行動を心がける

面接においては、「10分前行動」を心がけることが非常に重要です。

特にオンライン面接の場合、技術的なトラブルもあるので、早めにログインしておくことは非常に大切です。

インターネット接続やカメラ、マイクのチェックをしておき、万が一の事態にも迅速に対応できるようにしておきましょう。

また、対面面接では、会場や部屋を間違えるリスクを避け、余裕をもって準備する時間を確保するようにしましょう!

面接後のお礼メールも忘れずに送る

面接後にお礼メールを送ることも、重要なマナーの一つです。

メールでは、面接の機会をいただいたことへの感謝を表し、その企業で働きたいと思った理由を簡潔に触れると良いでしょう。

また、面接中の話題に触れ、「より貴社で働きたいという意欲が強まりました」などの文言も添えることができればさらによいです!

面接の機会を提供してくれた企業に感謝の意を示すことは大切ですが、意外とできていない学生も多いです。

お礼メールを送るだけで企業からの印象もぐっと良くなるでしょう!

また、そもそもビジネスメールの書き方が分からない方は、以下の記事も参考にしてください!

名称未設定のデザイン

【永久保存版】長期インターンのメールの基本マナー|シーン別・例文付きで徹底解説!

本記事では、長期インターンの選考の際に問われるメールマナーについて、シーン別に例文付きで詳しく解説しています。

長期インターン面接突破のコツ

ハイタッチする男女

ここでは、長期インターンを多数突破してきた筆者が、長期インターン面接突破のコツについて詳しく解説します!

応募時のやり取りで熱意を見せる

長期インターンの面接過程で特に重要なのは、応募時から熱意を示すことです。

応募書類や初期のやり取りで、あなたのモチベーションと長期インターンに対する真剣度を伝えることができれば、面接官の注意を引き、選考過程でのポジティブな印象を与えることができます。

ESなどの応募書類だけでなく、メールや書類のやり取りでも、質問があれば迅速に丁寧に返信することで、自身の熱意の高さを示すことができるでしょう!

応募時から熱意を持って対応することで、面接官からの第一印象はぐっと良くなります。

面接官に対する反応を工夫する

面接官に対する反応を工夫することで、面接で印象を残すことができます

特に、逆質問で反応を工夫することは有効です。

例えば、面接官からの回答に対して、自分の考えを交えた上で、その内容に納得した旨を伝えることで、積極的に理解しようとする姿勢を示すことができます。

面接官から話を聞いた際は、相手の主張に対する理解を示し、自分の意見や考えを織り交ぜることができれば、面接官からの印象も良くなるでしょう!

事前調査を徹底する

事前調査を徹底することで、面接官に志望度の高さをアピールできます。

特に、企業のメイン事業だけではなく、新規事業などについても知っていることをアピールすれば、入社への熱意を示すことができるでしょう!

事前に企業のウェブサイトを詳細に調べることはもちろん、関連する業界レポートを読んだり、企業の従業員のSNSをチェックして最新の動向について把握しておけば、面接官にも非常に良い印象を与えることができます。

面接に関するQ&A

はてなの文字を持った手

最後に、面接に関するよくあるQ&Aを紹介します!

長期インターンの面接の通過率はどのくらい?

長期インターンの面接の通過率は10%程度と言われており、どのような企業であっても非常に突破する難易度は高いです。

以下の記事では、そもそもなぜ長期インターンの通過率は低いのか、といった理由から、難易度の高い長期インターンに採用されるためのポイントを解説しています!

ご興味ある方はぜひご一読ください!

アイキャッチ画像 倍率4

長期インターンの倍率・内定率は?内定のコツも紹介!

本記事では、長期インターンの倍率・内定率の紹介と、内定獲得のコツやポイントを紹介しています!

面接の日程変更・キャンセルをしても大丈夫?

面接の日程変更やキャンセルは、やむを得ない理由であれば大丈夫です。

風邪などの体調不良であったり、身内の不幸など、どうしても面接に参加できなくなってしまった場合は、面接日程を変更しても良いです。

その際は、必ず理由を添えて企業側に打診しましょう。

また、他の長期インターンに決まってしまった場合も、キャンセルするのはやむを得ないので面接のキャンセルを頼みましょう。

面接時の服装・髪型は?

面接時の服装は、企業の指定に従いましょう。

長期インターンの面接では、服装はカジュアルの場合がほとんどですが、特に指定がない場合はスーツで行くのが無難です。

頭髪に関して、髪色は黒や暗めのトーンであれば問題ないでしょう。

髪型については、男子は長髪はやめておき、できれば短髪で清潔感のある髪型にしましょう。

女子に関しても、髪が長い場合は後ろでくくるなどしておけば問題ないです。

まとめ

手を広げる男性

いかがでしたでしょうか?

長期インターンの面接は突破率が低いため、入念に対策しておくことが必要です。

本記事を読み、長期インターンの面接対策を積極的に行っていきましょう!

また、本記事を読んで長期インターンに応募した方がいいと感じたり、長期インターンに興味を持った方がいらっしゃったら、ぜひ以下の長期インターンサイトで探してみてください!

UT-Board編集部ロゴ
UT-Board編集部ロゴ

UT-Board編集部

UT-Board は、ハイクラス大学生向けの長期インターンに特化した求人サイトです。 UT-Board 編集部は全員が長期インターンを経験済みの現役東大生・東大卒で構成されており、ハイクラス大学生に寄り添った専門家の立場から長期インターンに関する情報を発信しています。
また運営を行う 株式会社Brotial は、 認可情報と届出受理番号 (51— 募 — 000715号)を持つ求人情報提供事業者です。詳しい運営者情報・著者情報はこちら

「エリートなキャリア」
につながる、長期インターン。

UT-Boardのロゴ
ログイン

関連記事

30

【2024年5月最新】長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選!

長期インターンを探す際、「募集企業が多すぎて、どのような企業が良いのかわからない」、「ベンチャーと大手の長期インターンってどっちが良いの?」このような疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか? 本記事では、そのような疑問を解決するため、現役東大生である筆者が独自にリサーチした、長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選を紹介します! また、大手とベンチャーの特徴比較、長期インターン先の探し方、おすすめの長期インターンサイトなども合わせて解説しますので、悩める大学生はぜひ参考にしてみてください!

長期インターン サイト おすすめ

【東大生が選ぶ】長期インターンサイトおすすめ9選!

本記事では東大生が選ぶ長期インターンサイトのおすすめ9選を紹介します! 就活に成功するインターンサイトの選び方や、登録方法・注意点等に関しても説明します!

アイキャッチ画像 職種

長期インターンで人気の職種6選 | 職種別の業務内容とおすすめ求人も紹介

長期インターンで人気の職種6選を紹介! エンジニア、マーケティング、コンサルタントなどの人気職種について徹底解説。 職種ごとのオススメ求人と給料事情も詳しく解説。

アイキャッチ画像 休学

休学して長期インターンに参加はあり?休学して参加するメリット・デメリットを解説

長期インターンに専念する中で、「休学」という選択肢を思いつく学生もいるのではないでしょうか? 本記事では、休学して長期インターンに専念することのメリット・デメリットやよくあるQ&Aについて解説しています!