UT-Boardのロゴ
採用担当者様はこちら

【新卒必見】富士通の就職難易度・採用大学・年収などを解説!

アイキャッチ 富士通

富士通株式会社(以下、富士通)は国内トップクラスのITベンダーであることから、就活生に非常に人気の高い企業の一つです。

富士通への内定を目指したいけれど、「就職難易度は高いのか?」「学歴フィルターはあるのか?」と不安を抱える就活生も多いのではないでしょうか。

本記事では、忙しい就活生のために富士通についての基本情報から就職難易度、選考対策まで現役東大生が網羅的に解説しています。

短時間で情報を取得したい学生に限らず、富士通についてもっと知りたいと考える方にぴったりの内容となっています。

是非参考にしてみてください!!

目次

富士通は何の会社? 富士通の就職難易度 富士通の採用大学 富士通の年収・給与 富士通の選考フローと選考対策 富士通の就活に関するよくある質問 まとめ

富士通は何の会社?

富士通は、国内外の各地域で事業を展開してデジタルサービスを提供している総合ITベンダーです。国内ITサービス市場のシェアは国内企業で1位の実績を誇ります。

1935年に通信機器メーカーとして事業をスタートさせ、時代の流れに伴い様々な変革を遂げ、1990年代から通信システムの総合サービスを始めて今に至ります。

事業内容は、「製造」「流通」「物流」「金融」「官公庁」「自治体」「文教」「ヘルスケア」「医薬品、製薬」「メディア&エンターテイメントDX」と多岐に渡ります。

会社概要
社名 富士通株式会社
設立 1935月6月20日
本社所在地 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
従業員数 124,000人(2023年3月31日現在)
資本金 3,246億円(2023年3月31日現在)
会社HP https://global.fujitsu/ja-jp/

参考:富士通株式会社|企業情報

富士通の就職難易度

富士通の就職難易度とは?

東洋経済ONLINEが発行している『入社が難しい有名企業ランキング』では、富士通は138位にランクインしており、入社難易度は「59.5」となっています。

また、東京大学「就職先企業・団体」ランキングでは富士通は10位にランクインしており、旧帝大以上の高学歴学生にも人気があることが分かります。

富士通は知名度があり、就活生からの人気も高いことから就職難易度は高いと考えられます。

富士通の採用人数

富士通|プレスリリース 採用計画についてによると、2025年度の新卒採用人数は800名程度と発表されています。

マイナビ2025|富士通(株)によると過去3年間の男女別新卒採用数は、2023年に男性470名、女性330名、2022年に男性500名、女性250名、2021年に男性500名、女性250名となっています。

富士通の採用倍率

富士通は採用倍率を正式に公表していません。

リクナビ2025|富士通株式会社のプレエントリー候補リスト登録人数「32941名」を応募者数として簡易的に計算すると、採用倍率は「約41倍」となります。

採用人数は年々増加しているものの、応募者が多いことや高学歴の学生からの人気が高いことから、倍率は40倍以上となるでしょう。

富士通の採用大学

富士通の採用大学とは

大学通信ONLINE 2023年 企業ごとの大学別就職者数|富士通によると、採用大学の1位から20位は以下のとおりです。

早稲田大学(82名)/ 慶應義塾大学(52名)/ 明治大学(37名)/ 横浜国立大学(31名)/ 法政大学(28名)/ 大阪大学(27名)/ 同志社大学(27名)/ 東京理科大学(22名)/ 東北大学(21名)/ 東京大学(20名)/ 中央大学(20名)/ 北海道大学(18名)/ 神戸大学(18名)/ 九州大学(17名)/ 青山学院大学(16名)/ 立教大学(16名)/ 東京工業大学(15名)/ 立命館大学(15名)/ 関西学院大学(15名)/ 関西大学(14名)

高学歴な大学もありますが、関東や関西の私立大学の採用もあるようです。

富士通に学歴フィルターは存在するのか?

富士通に学歴フィルターは存在しません。

しかし、就活生からの人気、知名度がともに高い富士通は、高学歴の学生からも人気の企業です。

したがって、必然的に就職難易度が高くなり結果的に高学歴の学生の採用が多くなってしまっているのも事実です。

とはいえ、企業分析をしっかりと行い採用担当者の印象に残るよう対策をすれば、学歴を理由に落とされることはありません。選考対策をきっちりと行いましょう。

富士通の年収・給与

富士通の年収は?

富士通の平均年収は703万円です引用元:OpenMoney)。

また、日経クロステックによると、富士通は2023年4月に、国内社員の月額賃金を平均10%増加させ、事業部長クラスは年収を2〜3千万円に引き上げたことが報道されています。

したがって、700万円以上の年収は期待できるでしょう。

富士通の選考フローと選考対策

富士通の選考内容と対策方法

ここからは、富士通の選考フローと選考対策について解説していきます。

富士通には4つの応募コースがあり、併願することはできません。

ソリューションエンジニアコース

ビジネスプロデューサーコース

JOBマッチングコース

研究所コース

(参考:富士通|新卒採用情報

例として、ビジネスプロデューサーコースの選考フローについて1つずつ解説していきます。

エントリーシート

エントリーシートは、オーソドックスな以下の内容です。

(1)学生時代に力を入れて取り組んだことを3つ書いてください(150文字以内)

(2)学生時代の取り組みで、最も力を入れて取り組んだことを書いてください(400文字以内)

(3)富士通で挑戦したいことを書いてください(500文字以内)

面接の材料となるエントリーシートであるため、1つ1つのエピソードは具体的に話せるように構成しておく必要があります

WEBテスト

自宅で受ける、玉手箱形式のWEBテストです。内容は言語、非言語、計数で、所要時間は1時間半程度です。

対策本を2〜3回解いて練習しておけば問題のない内容です。

1次面接

若手の現場社員と1対1の比較的穏やかな雰囲気での面接です。オンラインで1時間程度行われます。

質問は以下の内容です。

<質問内容>

・自己紹介

・学生時代に力を入れて取り組んだこと

・志望動機

・他社の選考状況

・逆質問

オーソドックスな質問内容ですが、志望動機や学生時代に力を入れたことなどが深掘りされる面接です。

質問が鋭く、付け焼き刃の知識や志望動機では落とされてしまいます。OB、OG訪問を行い、説得力のある志望動機を練り上げておく必要があるでしょう。

最終面接

人事部長と1対1の面接で、オンラインで1時間程度行われます。1次面接とは異なり、堅い雰囲気で行われます。

質問内容は以下の内容です。

<質問内容>

・学生時代に力を入れて取り組んだこと

・今までの人生で後悔していること

・長所と短所

・周囲からの印象

・志望動機

・ビジネスプロデューサーに必要な力は何か

・志望業界

・就職活動の軸

・他社の選考状況

・逆質問

特に、志望度の高さを問われる質問が重要です。なぜ「富士通で成し遂げたいのか」を明確に答えることができるよう、準備が必要です。

富士通では最終面接で短時間に多くの質問が問われます。したがって、端的に快活なコミュニケーションをとることが内定の鍵となります。

また、志望度の高さを示すために「逆質問」に力を入れると良いでしょう。

ホームページで調べたら分かることは質問せず、得た情報に対する自分の意見を踏まえた上で質問をすることがポイントです。

富士通の就活に関するよくある質問

FAQ

ここでは、富士通の就活に関するよくある質問をまとめています。

富士通の内定はすごい?

知名度も高く、大手の会社で採用倍率も高いことから富士通への内定はすごいといって良いでしょう。

富士通の初任給は?

富士通|2025年新卒募集要項によると、2024年の新入社員の初任給の予定額は以下のようになっています。

博士:キャリア入社者基準
修士:月給275,000円(年収見込み476万円 ※時間外含まず)
学部:月給255,000円(年収見込み443万円 ※時間外含まず)
高専:月給220,000円(年収見込み381万円 ※時間外含まず)

※高いスキルや専門性を持ち、入社後すぐに第一線で活躍できる人材は、キャリア採用者と同様に業務に応じて、賃金を決定することがあります。大学院博士卒の方については、博士号取得者は290,000円以上、博士号未取得者は280,000円以上となります。

賞与も6月と12月の年2回貰えることから、給与面は文句なしの待遇です。

富士通のインターンはいつ?

富士通|Professional Internshipによると、有給のインターンシップを行っており、開催日時は9月以降随時となっています。

募集は6月頃から始まり、テーマごとによって締切が異なります。また、各テーマによって必要とされるスキルや知識も異なります。

選考は、書類選考と面接が行われます。書類選考を通過すると、受け入れ職場の社員の方との面接が実施されます。

インターンシップに参加することで、富士通の各領域のスペシャリストの方達と共に最先端のテクノロジーを駆使して社会課題を解決するビジネスにチャレンジできます。

また、自身の専門性や経験を高めることができ、フィードバックを通じた自己成長が可能なことから、将来的に富士通以外の会社を受けることになったとしても価値のある内容となっています。

まとめ

本記事では、富士通の就職難易度や、採用大学、年収、そして、富士通の内定に必要な情報を紹介させていただきました。

入社難易度が比較的高い企業であるため、富士通に入社したい学生は、しっかりと選考対策を行いエントリーするようにしましょう。

UT-Board編集部ロゴ
UT-Board編集部ロゴ

UT-Board編集部

UT-Board は、ハイクラス大学生向けの長期インターンに特化した求人サイトです。 UT-Board 編集部は全員が長期インターンを経験済みの現役東大生・東大卒で構成されており、ハイクラス大学生に寄り添った専門家の立場から長期インターンに関する情報を発信しています。
また運営を行う 株式会社Brotial は、 認可情報と届出受理番号 (51— 募 — 000715号)を持つ求人情報提供事業者です。詳しい運営者情報・著者情報はこちら

「エリートなキャリア」
につながる、長期インターン。

UT-Boardのロゴ
ログイン

関連記事

JT

【新卒必見】JTの就職難易度・採用大学・年収・インターンを解説!

グローバルたばこカンパニーや医薬品業界への就職を希望する学生必見!! 本記事では、現役東大生がJTについての就職難易度、採用大学、年収、選考対策やよく聞く噂について、分かりやすく解説します。

三菱重工

【新卒必見】三菱重工の就職難易度・採用大学・年収などを解説!

大手重工メーカーへの就職を希望する学生必見!! 本記事では、現役東大生が三菱重工についての就職難易度、採用大学、年収、選考対策やよく聞く噂について、網羅的に解説します。

旭化成

【新卒必見】旭化成はやばい?就職難易度・採用大学・年収・インターンを解説!

メーカー志望の就活生必見!旭化成グループの就職難易度や年収、選考ステップ、インターン情報など知りたい情報を現役東大生が徹底的に解説します。

花王

【新卒必見】花王はやばい?就職難易度・採用大学・年収・インターンを解説!

メーカー志望の就活生必見!花王の就職難易度や年収、選考フローとその対策などを現役東大生が徹底解説します。これで対策はバッチリ。