UT-Boardのロゴ
採用担当者様はこちら

長期インターンは就活に有利になる?東大生が実体験とともに解説!

アイキャッチ画像 就活 有利

長期インターンに興味はあるけれど、「実際、ちゃんと就活に有利になるの?」といった疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

「就活に良い影響がないならやりたくないな」「せっかくの貴重な大学生活、本当に長期インターンに時間を費やしていいの?」という不安を持っている方も多いと思います。

結論、長期インターンは就活に有利になります。

本記事では、そもそも長期インターンとは何かというところから、長期インターンが就活に有利になる理由を、現役東大生である筆者の体験談も交えてご紹介します!

「長期インターンに興味がある方」や「これから長期インターンを始めようとしている方」、「長期インターンを通じて就活を成功させたい方」はぜひご一読ください!

就活が有利になる!

目次

長期インターンとは 長期インターンが就活に有利な理由 筆者の体験談紹介 〜長期インターンが就活に与えた影響〜 【東大生が選ぶ】就活に有利になるおすすめのインターン3選 まとめ

長期インターンとは

腕を組む二人の男性

長期インターンは、学生が企業や組織で長期間(数ヶ月から1年以上)実務経験を積むためのプログラムです。

昔は長期インターンを実施しているのはベンチャー企業が多かったのですが、最近では大手企業でも長期インターンを実施している会社が増えてきています。

以下の記事では、長期インターンにおすすめの大手企業・ベンチャー企業に関する記事を執筆していますので、興味のある方は合わせて読んでみてください!

【2024年5月最新】長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選! アイキャッチ

【2024年5月最新】長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選!

長期インターンを探す際、「募集企業が多すぎて、どのような企業が良いのかわからない」、「ベンチャーと大手の長期インターンってどっちが良いの?」このような疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか? 本記事では、そのような疑問を解決するため、現役東大生である筆者が独自にリサーチした、長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選を紹介します! また、大手とベンチャーの特徴比較、長期インターン先の探し方、おすすめの長期インターンサイトなども合わせて解説しますので、悩める大学生はぜひ参考にしてみてください!

長期インターンは、期間が長いため、実際の業務を通じて業界や職業への理解を深めることや、学生の間に社会人と同じ経験を積むことができます。

また、給与や手当が支払われる場合がほとんどで、お金を貰いながら仕事経験が積める機会を得られることも魅力です。

長期インターンと短期インターンの違い

ここでは、長期インターンと、就活の際に行われる短期インターンの違いを解説します。

以下に、両者の違いを分かりやすくまとめました!

結論としては、短期インターンは「企業理解の場」であるのに対し、長期インターンは「実践的なスキルを身につける場」であると言えると思います。

長期インターン 短期インターン
対象者 全学年 就活生(大学3年生・修士1年生)
期間 3ヶ月以上 半日〜2週間
給与 有給 無給の場合が多い
内容 実務中心 説明会・職業体験

長期インターンは、基本的に3ヶ月以上の中長期で行われるインターンシップです。

全学年が対象で、内容は実務中心のものが多く、有償であることも特徴です。

実際の業務を経験することで、自分の適性を見極められるだけでなく、就活や、社会人になった際に活かせるスキルを身につけられます。

最近では、大学1・2年生のうちから、アルバイトではなく、長期インターンをする人も増えているようです。

長期インターンでは、「企業選び」が非常に重要になります。

ハイクラス大学生向け長期インターン求人サイト「UT-Board」では、優良企業の求人を多く取り扱っているため、長期インターンを通して成長したい大学生には非常にオススメのサイトとなっています!

ハイクラス大学生向けの長期インターン!

一方で、短期インターンとは、半日〜2週間前後で行われるインターンシップです。

1dayインターン、サマーインターン、ウィンターインターンなどが短期インターンに該当します。

対象者は就活生(大学3年生・修士1年生)がメインで、会社説明会や社員交流会、グループワークを通じて仕事への理解を深めることが可能です。

また、コンサルや金融業界などのように、選考の過程に短期インターンが含まれている企業もあります。

短期インターンは無給の場合が多く、実務的な内容に触れることができない場合が多くなっています。

そのため、実務的なスキルを獲得するには不向きと言えるでしょう。

長期インターンとアルバイトの違い

長期インターンとアルバイトの大きな違いは「目的の違い」です。

長期インターンは、実務を通して、業界・仕事の理解、スキルの獲得・向上を目的として行います。

一方で、アルバイトも獲得できるスキルはありますが、アルバイトの大きな目的は収入を得ることでしょう。

アルバイトと同じく「給料を貰って働く」という点は非常に似ていますが、長期インターンは社員と同等の仕事量・クオリティが求められるため、責任感が大きく求められることも違いの1つです。

「どうせ働くのであれば、スキルが身につき、将来に活かせることをしよう」と考える人が増えていることが、長期インターンをする人が増えている要因だと考えられます。

長期インターンが就活に有利な理由

握手する男女

長期インターンには、現在多くの大学生が就職活動の一環として参加しています。

しかし、長期インターンをすることが本当に就活に有利になるのでしょうか?

結論、筆者は長期インターンは就活に有利に働くと考えています。

理由は4つあります。

  1. 自己分析の精度が高まる
  2. ビジネスコミュニケーション能力が身に付き、面接で評価される
  3. 意識が高い就活同期や、先輩を見つけることができる
  4. ガクチカで同期と差をつけることができる

以下ではそれぞれの理由について説明します。

1. 自己分析の精度が高まる

長期インターンを通じて、自分の選びたいキャリアや業界への理解が深まり、解像度を高めることができます。

長期インターンでは、短期インターンとは違って、実際の業務の中で自分の適性や興味、そして強みや弱みを確認可能です。

これにより、自分がどの職種や業界に向いているか、どんなキャリアの目的や方向性を持つべきか、具体的にイメージできます。

さらに、大学での学びだけでは得られない実務経験は、就職活動時に非常に価値のあるものです。

自己PRの際に、具体的な業務経験や成果をアピールポイントとして挙げることができるため、他の学生との差別化が図れます。

また、面接時に業界の知識や実務経験を元にした具体的な話をすることで、リクルーターや面接官に強い印象を与えられます。

長期インターンによって、自己分析の精度を高め、キャリアパスをより明確にすることができます!

2. ビジネスコミュニケーション能力が身に付き、面接で評価される

長期インターンシップ中、インターン生は上司やクライアント、同僚とのコミュニケーションを日常的に行います。

プロジェクトの進捗報告や、新しい提案のプレゼンテーション、または日常的な業務の調整など、さまざまなシチュエーションで「物事を端的に分かりやすく伝える技術」が必要とされます。

そのため、長期インターンをすることにより、ビジネスコミュニケーション能力が身につきます。

そして、実践的なコミュニケーションスキルは、就職活動の面接においても非常に有利になります。

面接官は、学生の学歴や成績だけでなく、実際の業務をする上でのコミュニケーション能力を重視します。

長期インターンシップを通じて得た経験やスキルを、面接で具体的にアピールすることで、他の就活生と差別化できるでしょう!

3. 意識が高い就活同期や、先輩を見つけることができる

長期インターンに参加する学生は、就職活動に対する意識が高い傾向があります。

長期インターンの参加者は、自分の将来を真剣に考え、積極的に業界の知識を深めたり、実務経験を積むことを求めて参加していることが多いからです。

このような環境では、同じような志向や目標を持つ学生たちと出会うことができます。

他のインターン生との交流は、互いのモチベーションを高め合うだけでなく、情報交換の場としても非常に価値があります。

例えば、ある企業の選考情報や、業界の最新トレンド、さらには面接対策など、多くの情報の共有が可能です。

さらに、インターンを通じて、業界の先輩や現役社員との繋がりを持てるのも大きな魅力です。

先輩たちは、自分たちが過去に経験した就職活動の知見や、現在の業界の動向、企業文化などの貴重な情報を持っています。すでに就職活動を経験した先輩からのアドバイスがもらえると、非常に頼もしいですね!

また、同期や先輩との関係は就職後も続くことが多いです。業界の先輩や同期と悩みを共有できれば、入社後の不安も和らぎそうですね!

インターンを通じて得られる人間関係やネットワークはかけがえのない資産となり、その後のキャリア形成にも大きく影響するでしょう。

4. ガクチカで同期と差をつけることができる

「ガクチカ」とは、「学生時代に力を入れたこと」の略です。

企業は、学生の学業成果だけでなく、その学生がどのような経験や活動をしてきたのか、どのような価値観や考えを持っているのかを重視します。

学生の人となりをよく知ることができるため、ESや面接でガクチカは非常によく聞かれます。

長期インターンでの経験は、その内容が実務に近いため、業務経験のない他の学生と大きな差別化ができるでしょう。

実際に企業での業務を経験し、その中での成功体験や失敗体験、学びを具体的に話すことができれば、面接官に強い印象を与えることができます。

実際、長期インターンの経験が選考での強みとなることは、筆者の周囲の学生からもよく聞きました。

以上、長期インターンが就職活動に持つ4つのメリットを解説しました。

長期インターンの経験は、学生のキャリア形成において非常に価値があります。必要な時間と労力をかけて、有意義なインターン経験にしましょう!

筆者の体験談紹介 〜長期インターンが就活に与えた影響〜

ガッツポーズするビジネスマン

ここでは、現役東大生である筆者が長期インターンがどのように就活に影響を与えたか、実際の体験談を踏まえてお話しします。

結論、私は目的を明確化して長期インターンに従事することで、その後の就活で納得内定を勝ち取ることができました。

まず、私が長期インターンに参加した際、大きく二つの目的を設定しました。

一つ目は「自分が当時気になっていた業界に対する理解を深めること」、二つ目は「就活でのアピールポイントとなるガクチカを作ること」です。

実際に、これらの目的はどれだけ達成できたのか、そしてどう就活に影響を与えたのか、説明させていただきたいと思います。

長期インターンで業界の解像度が高まり、就活へのモチベーションが上がった!

まず、「業界に対する理解を深める」という目的については、達成できたと考えています。

理由は、業界への理解が深まっただけでなく、その後の就活でもこの業界を志望しようという確固たるモチベーションになったからです。

私は長期インターンを始めた当時、大学の先輩の影響などで、コンサルティング業界に強い興味を持っていました。

しかし、実際の業務内容や業界の雰囲気や、そもそもその業界が自分に合っているのか、具体的なことがよく分からなかったからです。

そこで、私はコンサル業界の長期インターンにチャレンジし、様々な企業のプロジェクトの経営改善に携わりました。

結果として、業界への理解に留まらず、自分が業界でどんな業務に携わりたいか、何を達成したいかまで明確にできました。

さらには、業界への適性も判断することができ、その後の就活に対する高いモチベーションを生み出すこともできました!

就活で高く評価されるガクチカを作ることができた!

次に、「ガクチカを作る」という目的について、これは予想以上の効果があったと考えています。

就活の際、多くの学生が自分の経験やスキルをアピールするためのガクチカを持っています。

私も、他の学生と差をつけるため、長期インターンでの経験をガクチカとして活用しました。

長期インターンでは、財務状況や市場調査の結果を踏まえ、クライアントに複数の施策を提示し、経営課題解決に貢献しました。

面接では、結果を得るまでにどのような困難があり、何を工夫して解決したのか、入念に説明しました。

長期インターンの経験のおかげで、自分の特徴が企業でどのように発揮されるか、より具体性をもってアピールできたと思います。

結果として、長期インターンでの努力や実績を話すことで、多くの企業から好評価を受けました!

私の経験から言えることは、長期インターンに参加する際には、自分の目的を明確に持つことが非常に重要だということです。

目的を明確化して長期インターンに挑んだことで、その後の就活においても高い評価を獲得し、数々の企業から内定を勝ち取ることができました。

長期インターンの目的を正しく設定するには?

ただ、はじめて長期インターンを経験する方にとって、長期インターンの目的をどのように設定していいか、分からない方も多いと思われます。

以下の記事では、長期インターンの目的設定の具体的な方法に関しても説明しています!ご興味ある方はぜひご一読ください!

アイキャッチ画像

長期インターンは意味がない?やめとけと言われる理由も徹底解説

長期インターンの意味について疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?長期インターンの有意義さは、明確な目的設定とその目的に対する行動によって決まります。筆者は現役東大生として、休学してベンチャー企業の長期インターンに参加した経験を通じて、その価値を実感していますが、意味がないと感じる長期インターンも存在することも事実です。本記事では、筆者の体験談や他の東大生の体験談を紹介し、意味のある長期インターンをするための目標設定や実際の行動について解説します!

【東大生が選ぶ】就活に有利になるおすすめのインターン3選

スマホを操作するビジネスマン

ここでは、現役東大生である筆者が周囲の東大生から聞いた、就活に有利になるおすすめインターンを3つに厳選してご紹介します!

BASE株式会社 - 【BASE初の長期インターン求人】COOが伴走する新規事業開発

【BASE初の長期インターン求人】COOが伴走する新規事業開発の画像

掲載日:2023/11/10

勤務地:東京都 港区 六本木住友不動産六本木グランドタワー37階

職種:経営・企画

時給:1,800円〜

>>募集ページはこちら

「ネットでお店を開くならBASE」のCMでおなじみの「BASE株式会社」初の長期インターン求人です!

誰でも簡単にネットショップが作成できるサービス「BASE」の中長期の展開にあたり、様々な事業のミッションに携われます。

BASEのCOOと共に新規事業開発に参加できることも非常に魅力的です。

BASE初の長期インターン求人ということもあり、人気が高く、非常におすすめの求人です!

気になる方は忘れずにチェックしましょう。

Sky株式会社 - 【26卒歓迎】社内DX関連のシステム開発 Sky株式会社で開発スキルを磨こう!

【26卒歓迎】社内DX関連のシステム開発 Sky株式会社で開発スキルを磨こう!の画像

掲載日:2023/01/13

勤務地:品川駅徒歩2分 新大阪駅徒歩3分 (勤務地変更の可能性:有  変更の範囲:会社の定める場所 )

職種:エンジニア

時給:1,500円

>>募集ページはこちら

  • 業務内容
    • 社内DXに関連するプログラミング開発
    • 機械学習を用いた社内の従業員の業務分析
  • 得られるもの・メリット
    • 最新の技術トレンドやツールに触れる機会
    • エンジニアとしての問題解決能力やチームで協力して開発を進めた実績
    • 大企業の働き方や雰囲気を知りたい方にもおすすめです!

株式会社Alumnote - 教育系スタートアップでマーケから戦略立案まで|大学のビジネスモデルを刷新するBizDevインターン

教育系スタートアップでマーケから戦略立案まで|大学のビジネスモデルを刷新するBizDevインターンの画像

掲載日:2022/07/05

勤務地:東京都 千代田区 内幸町2-1-6

職種:マーケティング

時給:1,300円〜

>>募集ページはこちら

  • 業務内容
    • BizDevチームの一員として、営業戦略の立案・実行
  • 得られるもの・メリット
    • 数多くの教育関連機関を巻き込んだ事業開発経験
    • PDCAによる課題解決を通じた、汎用的なビジネススキルの向上
    • スタートアップでの、スピーディーな意思決定から実行までのプロセスの経験

その他のおすすめ求人

当然ですが、長期インターンの求人は上記3つ以外にも数多く存在します!

もし他の求人も気になった方がいらっしゃいましたら、以下の記事もぜひご参考ください!

【2024年5月最新】長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選! アイキャッチ

【2024年5月最新】長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選!

長期インターンを探す際、「募集企業が多すぎて、どのような企業が良いのかわからない」、「ベンチャーと大手の長期インターンってどっちが良いの?」このような疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか? 本記事では、そのような疑問を解決するため、現役東大生である筆者が独自にリサーチした、長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選を紹介します! また、大手とベンチャーの特徴比較、長期インターン先の探し方、おすすめの長期インターンサイトなども合わせて解説しますので、悩める大学生はぜひ参考にしてみてください!

まとめ

高層ビル群

長期インターンは学生にとって、実務経験を得る絶好の機会です。

特定の業界や職種に関する深い理解を得ることができ、これが就活時に大きなアドバンテージとなります。

また、実際の業務を通じて、専門的なスキルや業界のノウハウを習得できます。

長期インターンの経験によって、今後の就活をより効果的に進めることができるでしょう。

長期インターンのメリットやデメリットを理解した上で、自分の目的に合致する企業を選択し、悔いのない長期インターン経験にしてください!

もし「どのような長期インターン求人がいいのかわからない」といった方には、良質な求人が揃った長期インターンサイト “UT-board” がおすすめです!

長期インターンで就活に成功したい方は、ぜひUT-boardで長期インターンを探してみてください!

ハイクラス大学生向けの長期インターン

UT-Board編集部ロゴ
UT-Board編集部ロゴ

UT-Board編集部

UT-Board は、ハイクラス大学生向けの長期インターンに特化した求人サイトです。 UT-Board 編集部は全員が長期インターンを経験済みの現役東大生・東大卒で構成されており、ハイクラス大学生に寄り添った専門家の立場から長期インターンに関する情報を発信しています。
また運営を行う 株式会社Brotial は、 認可情報と届出受理番号 (51— 募 — 000715号)を持つ求人情報提供事業者です。詳しい運営者情報・著者情報はこちら

「エリートなキャリア」
につながる、長期インターン。

UT-Boardのロゴ
ログイン

関連記事

長期インターン サイト おすすめ

【東大生が選ぶ】長期インターンサイトおすすめ8選!

本記事では東大生が選ぶ長期インターンサイトのおすすめ9選を紹介します! 就活に成功するインターンサイトの選び方や、登録方法・注意点等に関しても説明します!

WED アイキャッチ

「ビジネスの見え方が180度変わった」- 東大生が語るWEDの魅力とは

現役東大生が語る!WED株式会社の魅力と長期インターンの重要性とは? 実際のインターン経験を通じて、WEDでの成長や学び、キャリアへの影響を深掘りします。

MBB

戦略コンサル "MBB" にわずか「2ヶ月」のケース対策で内定!|~合格の秘訣をインタビューで徹底解明~

就活最高峰のMBB(マッキンゼー,ベインアンドカンパニー,ボストンコンサル)に"2ヶ月"の選考対策で内定を獲得した東大生へのインタビューを通して成功の秘訣を徹底解明。 短期間で内定を獲得するための具体的なステップとアドバイスを詳しく紹介。

【2024年5月最新】長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選! アイキャッチ

【2024年5月最新】長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選!

長期インターンを探す際、「募集企業が多すぎて、どのような企業が良いのかわからない」、「ベンチャーと大手の長期インターンってどっちが良いの?」このような疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか? 本記事では、そのような疑問を解決するため、現役東大生である筆者が独自にリサーチした、長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選を紹介します! また、大手とベンチャーの特徴比較、長期インターン先の探し方、おすすめの長期インターンサイトなども合わせて解説しますので、悩める大学生はぜひ参考にしてみてください!