UT-Boardのロゴ
採用担当者様はこちら

長期インターンは本当にきつい?向いてない人の特徴や注意点を解説!

アイキャッチ画像 きつい

長期インターンを始めたことのない学生の皆さんにとっては、長期インターンがきついのかどうか、気になりますよね?

実際、長期インターンを「きつい」と感じてしまう人は一定数いるようです。

そこで、本記事では、

  • 長期インターンがきつい理由
  • きついと感じる/感じない学生の特徴
  • きついと感じないための長期インターン先の探し方

についてまとめています!

インターン選びで失敗したくない学生や、より有意義なインターン選びをしたい学生は、本記事をぜひ参考にしてください!

ハイレベルな長期インターンが見つかる!

目次

長期インターンがきついと言われる理由 長期インターンがきついと感じる人の特徴 長期インターンに向いている人の特徴 長期インターン参加前に押さえたいポイント きついと感じないために!長期インターン選びのポイント 長期インターンに関するよくあるQ&A 長期インターンはきついがたくさんのメリットがあります!

長期インターンがきついと言われる理由

なやんでいる女性

長期インターンを経験した人の中には、「きつい」と感じる人もいるようです。

どうして長期インターンはきついと言われるのでしょうか?

主に以下の3つの理由が考えられます。

  • 学生だが仕事への責任が大きい
  • フルコミットが求められる
  • 地味な仕事も多い

以下、順に説明していきます!

きつい理由① 学生だが仕事への責任が大きい

私が経験した長期インターンでは、アルバイトとは異なり本格的な業務に従事することが多かったです。

業務の内容や成果が企業のビジネスに直結する場面が増えるため、その責任は決して軽くはありません。

これは企業が学生を単なる労働力としてではなく、実際の戦力として採用しているからです。

そのため、学生であることを理由に、仕事のミスや遅れを許容してもらえる訳ではありません。

事実、私が経験したインターン先では、学生である私も社員とほぼ同等の待遇を受け、期待される業務遂行のレベルも非常に高かったです。

このような状況では、責任の大きさから「きつい」と感じる学生も少なくありません。

一方で、それは同時に自身の成長のチャンスでもあります。

厳しい状況の中で経験を積むことで、将来的にはその経験が自分の大きな武器となるでしょう!

きつい理由② フルコミットが求められる

長期インターンはその名の通り、長期間の勤務を前提としています。

基本的には最低でも3ヶ月以上の勤務を求められるのが一般的です。

期間中は、週に3~4日、多いと週5日間の稼働が求められることもあります。

長期インターンそのものの稼働時間の多さや、その他の学業やサークルとの両立で「きつい」と感じる学生も多くいます。

実際、長期インターンはどれくらい続けなければいけないか気になりますよね。


以下の記事では、

  • 長期インターンはどれくらい続けなければいけないのか
  • 継続期間別に得られるもの
  • 就活や学業との両立のコツ

についてまとめています!

興味のある方はぜひご覧ください!

アイキャッチ画像 期間

長期インターンの期間は?期間別のメリット・デメリットを徹底解説!

長期インターンという言葉を耳にしますが、その期間は具体的にどれくらいでしょうか? 本記事では、一般的な勤務期間の例や就活・学業と両立するコツ等をご説明します!

また、集中して学びたい学生は、休学して長期インターンに専念するのも一つの手段です。

ですが、現在は学業と両立が可能なインターン先も増えてきているので、無理に休学をする必要はないです!

私自身も大学生として複数社の長期インターンを経験しましたが、両立することも十分可能でした!

きつい理由③ 地味な仕事も多い

長期インターンへの応募を考える際、多くの学生は企業での新しい経験やキャリアを想像する方も多いのではないでしょうか?

華やかな業務やプロジェクトへの参加を期待することもあるかと思いますが、現実は少し違います。

まず、学生に求められる業務の中には、地味な作業も多くあります。

この理由として、知識やスキルがまだ未熟な学生が多いため、最初から重要なタスクに参加するのは難しいことが挙げられます。

企業側も学生の成長を期待していますが、最初から高いレベルの業務を任せることは大きなリスクが伴うからです。

また、一つ覚えておいてほしいことが、どのような職種や企業でも、地味な仕事は必ずと言っていいほど存在することです。

実際のビジネスの現場では、資料作成や事務作業などの基盤となる業務が多くを占めるのが一般的です。

最後に、地味な仕事にも学びや成長のチャンスは豊富に存在します。

基本的な業務をしっかりとこなすことで、より大きな業務やプロジェクトへの参加のチャンスが増えるでしょう。

長期インターンがきついと感じる人の特徴

パソコンの前で落ち込む男性

長期インターンは誰にとってもきつい、といったものでもありません。

きついと感じてしまう人の特徴として、以下が挙げられます。

  • 明確な目的・目標がなく参加した人
  • 時間がない人
  • 主体的に働けない人

順に説明していきます!

きついと感じる人の特徴① 明確な目的・目標がなく参加した人

長期インターンはその性質上、短期のアルバイトとは異なるコミットメントが求められます。

そのため、目的・目標がはっきりしていない状態でインターンに参加すると、その厳しさや挑戦に直面した際にきついと感じることも多くなるでしょう。

明確な目的・目標がないと、日々の業務の意味や方向性が見えにくくなります。

このような状態が続くと、モチベーションの低下にも繋がってしまいます。

長期インターンを有意義なものにするためにも、目標設定は非常に重要になります!


以下の記事では、長期インターンを意味のあるものにするための、目標設定の方法に関して詳しく説明しています!

  • 長期インターンの目標をどうやって決めればいいかわからない人
  • 意味のある長期インターン経験を積みたい人

は必読です!

アイキャッチ画像

長期インターンは意味がない?やめとけと言われる理由も徹底解説

長期インターンの意味について疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?長期インターンの有意義さは、明確な目的設定とその目的に対する行動によって決まります。筆者は現役東大生として、休学してベンチャー企業の長期インターンに参加した経験を通じて、その価値を実感していますが、意味がないと感じる長期インターンも存在することも事実です。本記事では、筆者の体験談や他の東大生の体験談を紹介し、意味のある長期インターンをするための目標設定や実際の行動について解説します!

きついと感じる人の特徴② 時間がない人

長期インターンは、一般的なアルバイトなどと比較して、時間的なコミットが強く求められます。

そのため、既に多忙な学生が長期インターンを始めると、特につらさを実感してしまうのではないでしょうか?

時間が限られている学生にとって、学業やサークルといったその他の活動とのバランスをとるのが最大の課題となります。

特に、学業や他の活動との両立が求められる場合、うまくスケジュール管理していくことが不可欠です。

しかし、時間に余裕がない学生がこのようなバランスを取るのは、非常に難しいです。

なので、時間のない人は無理に長期インターンに参加せず、時間に余裕ができたタイミングで参加すると良いでしょう!

きついと感じる人の特徴③ 主体的に働けない人

単に指示を実行するだけでなく、主体的に自分で考え、アクションを起こすことも重要です!

インターン生は企業の一員とみなされます。

そのため、自らの意見を積極的に主張するなどして、チームに貢献することが期待されます。

また、新しい業界や職種に挑戦する際は、自ら学び、成長する姿勢が求められます。

アクティブな姿勢を持つことが難しい人は、長期インターンの環境下でのストレスやプレッシャーを感じやすく、業務がきついと感じるでしょう。

長期インターンに向いている人の特徴

笑っている女性

逆に、長期インターンに向いている人の特徴ももちろんあります!

特徴は、大きく以下の3つが挙げられます。

  • 明確な目的・目標がある人
  • 仕事へのモチベーションがある人
  • 優秀な学生・社会人と働きたい人

それぞれ、順に説明していきます!

向いている人の特徴① 明確な目的・目標がある人

明確な目的や目標を持ってインターンを始めた学生は、逆境や困難でも、根底にある意欲や熱意が支えとなり、乗り越えることができます!

また、日々の業務や学びに対するモチベーションがはっきりしているため、明確な目的・目標を持てる人は、非常に向いているでしょう。

逆に、今何の目的もなくインターンを始めようとしている人は、改めて目的を設定することをおすすめします!

特定の業界知識を深めるため、あるいは実務経験を積むため、といった少し具体的な目的を持つと良いでしょう!

向いている人の特徴② 仕事へのモチベーションがある人

モチベーションの高い人は、簡単に仕事を諦めず、業績や成果も良い傾向にあります。

仕事への士気が高いと、困難に遭遇しても、それを乗り越えるために粘り強く思考と行動を続けられます。

そのため、他の学生よりも素晴らしい成果を出せる人が多いです。

また、業績も良いので「つらい」という感情よりも、「楽しい」「もっと頑張りたい」という思考になりやすいです。

向いている人の特徴③ 優秀な学生・社会人と働きたい人

長期インターンでは、優秀な学生や社会人とのネットワークを築く貴重な機会にもなります。

私が経験したインターン先では、多くの才能ある学生や経験豊富な社会人との業務を通じて、新たな知見やマインドを学べました。

また、将来起業を考えている学生にとって、優秀な学生や社会人とのコネクション形成は極めて貴重な機会となります。

なぜなら、起業には、非常に多くの専門知識や技術、リソースが求められるからです。

そのため、インターンを通じて築いたネットワークを通じて、将来のビジネスパートナーやいざとなったら援助してくれる人を見つられるかもしれません。

長期インターン参加前に押さえたいポイント

腕を組むビジネスマン

本章では、長期インターンに参加する方のため、知っておきたいポイントをまとめました!

インターンにまだ参加したことのない学生は必見です!

①やりたい仕事だけできるわけではない

長期インターンを選ぶ際に、最も重要なのが職種や業務内容です。

業務内容が自分の目標や目的に合致しているかどうかは、インターンで感じるきつさにも影響します。

例えば、マーケティングに興味があるなら、それに特化したインターンを選ぶ。

また、プログラミングが得意であれば、IT関連のインターンを選ぶのもおすすめです。

自分の興味や得意分野に合わせて選ぶことで、業務に対するモチベーションを持続できます!

②上司・先輩が丁寧に研修を行なってくれる

長期インターンシップを始める際、多くの学生は「未経験だからついていけるか不安」と感じるかもしれません。

しかし、多くの企業はインターン生の育成に真摯に取り組んでくれます!

多くの場合、上司や先輩はインターン生に対して丁寧な研修を行い、ビジネスの基本から実務に必要なスキル、企業の価値観までしっかりと伝えてくれます。

そのため、インターン未経験であっても、研修を受けることで安心して業務に取り組むことができます。

ただし、長期インターンでは、全ての企業がインターン生に対して丁寧に研修してくれるわけではありません。


以下の記事では、

  • あやしいインターンによくある特徴
  • 良いインターン先を見つける方法

などを解説しています!

長期インターン選びで失敗したくない学生は必読です!

アイキャッチ画像 怪しい

怪しい長期インターンの特徴とは?|判断する方法も徹底解説

怪しい長期インターンの特徴や、それを見極めるための具体的な判断方法を徹底的に解説。適切なインターン先を見つけるためのポイントをまとめて紹介します。

また、研修では受け身にならず、積極的に質問やフィードバックを求める姿勢が重要です。

研修を通じて必要な知識やスキルを貪欲に身につけ、より多くの成果を目指しましょう!

③どんな仕事でも最初はきつい

始めたばかりのことに対して、きついと感じることは当然です。

ビジネスの世界に初めて足を踏み入れる学生にとっては、社会人マナーや業務の流れ、チーム内でのコミュニケーションなど、長期インターンは毎日新しいことの連続になります。

また、ある程度業務に慣れてきたとしても、新しい業務や役割が割り振られる度に、また新しいことを学ぶ必要があるでしょう。

しかし、そのきつさを乗り越えることで得られる経験や知識、そして自身の成長は計り知れないものです。

困難を乗り越えれば、新たな世界があなたを待っていますよ!

きついと感じないために!長期インターン選びのポイント

POINTの文字が書かれたブロック

長期インターンできついと感じないためには、今の自分に適した長期インターンを選ぶことが不可欠です。

ここでは、きつい経験をしないための長期インターン選びのコツを紹介します!

①職種・業務内容で選ぶ

長期インターンを選ぶ際に、最も重要なのが職種や業務内容です。

業務内容が自分の目標や目的に合致しているかどうかは、その後のインターンできつさを感じるかどうかを大きく左右します。

例えば、マーケティングに興味があるなら、それを学べるインターンを選ぶと良いでしょう。

また、プログラミングが得意であれば、IT関連のインターンがおすすめです。

自分の興味や得意分野に合わせて選ぶことで、業務に対するモチベーションを持続させることができます!

②勤務条件をしっかりと調べる

長期インターンと他の活動との兼ね合いも非常に大切です!

時間調整がうまくいかないと、どちらのパフォーマンスも低下してしまう恐れがあります。

具体的には、週の稼働日数や1日の勤務時間など、日常の生活にどうフィットするか、事前に確認しましょう。

大学のテスト期間等を考慮して、柔軟に勤務時間を調整してくれる企業を選ぶことも重要です。

勤務条件を確認し、学生の都合に柔軟に対応してくれる企業を選ぶことで、他の活動との両立も可能でしょう!

③質の高い長期インターン求人サイトを利用する

自分の理想の長期インターンを探すためには、適切な求人サイトを見つけるのが最も手っ取り早いです。

特に、有名大学に通う高学歴学生は、多くの企業から引く手数多の存在となっています。

しかし、一般的な求人サイトでは、数多くのオファーの中、自分に合った、質の高いインターン先を見極めるのは容易ではありません。

UT-Board イメージ写真

そこで、良質なインターンを見つけたい学生におすすめなのが、ハイクラス学生向け長期インターンサイト”UT-Board”です!


当サイトでは、高学歴学生向けに良質な長期インターンを紹介しています。

  • 長期インターン選びで失敗したくない学生
  • 長期インターンのガクチカで就活無双したい学生

はぜひ登録しましょう!

自分に合った長期インターンが見つかる

また、その他のサイトと比較して選びたい方は、こちらの記事もぜひご一読ください!

長期インターン サイト おすすめ

【東大生が選ぶ】長期インターンサイトおすすめ8選!

本記事では東大生が選ぶ長期インターンサイトのおすすめ9選を紹介します! 就活に成功するインターンサイトの選び方や、登録方法・注意点等に関しても説明します!

長期インターンに関するよくあるQ&A

Q&Aと書かれたブロック

最後に、長期インターンに関するよくあるQ&Aについてまとめてみました!

大学1・2年生でも長期インターンに参加できる?時間はある?

大学1年生や2年生で長期インターンに参加できます。

実際、長期インターンを始める学年は、1,2年生が最も多い印象です。

また、大学生生活の初期からインターンを経験しておくことは、就活やその後のキャリア形成において大きなアドバンテージとなるでしょう。

さらに、現代はフルリモートの勤務を実施する企業も増えており、以前より大学の授業やサークル活動との両立がしやすくなっています。

就活が始まってもいない大学1,2年生で始めるのは少し勇気がいるかもしれませんが、逆に何もないこの時期から始めておく方が、時間的余裕もあるため良いと思います!

営業のインターンシップはきつい?

営業のインターンシップへの参加を考えている学生の皆さんの中には、「きついのでは?」と心配してしまう人もいるかもしれません。

結論、営業は確かに未経験者にとっては、精神的にきついと感じる部分があるかもしれません。

なぜなら、営業は自分の仕事の結果が数字として目に見えるため、成果を出せないと自分の能力を疑ってしまうこともあるからです。

特に、トップ校の学生であれば高い学問的成果を持っていることは間違いありませんが、それが営業成果に直結するわけではないので、はじめは辛さを感じるかもしれません。

その一方で、営業なら学生でもかなりの額を稼げる可能性もあります。

営業成果に応じて報酬が増えるインセンティブ制を取り入れている企業も多く、高い成果を上げれば、インターンとは思えないほどの収入を得ることも可能です。

営業のインターンはきつさもありますが、その反面、多くの学びと成果を得ることができる場所です!

挑戦する価値は十分にありますので、自分の目的や目標に合わせて、ぜひ挑戦してみてください!

きつい長期インターンの特徴はありますか?

結論、一概に「この業界や職種のインターンはきつい」という特徴はありません。

なぜなら、企業や事業内容によって日々の業務や職務の内容、そして企業文化や働く環境などが異なるからです。

ただし、多くの企業では、長期インターンに参加する学生を大切に扱い、初期研修をしっかりと実施してくれます。

また、いくら社会人扱いするとはいってもやはり学生ですので、少しは大目に見てもらえることもあります。

なので、結論としては、長期インターンシップが「きつい」と感じるかどうかは、その企業の雰囲気や業務内容、そして学生個人の感じ方によると言えます。

長期インターンはきついがたくさんのメリットがあります!

走り出すビジネスマン

長期インターンをきついと感じるのは、勤務する学生やインターン先によります。

ただし、業務量や企業のカルチャーがきついと感じてしまう長期インターン先に当たってしまったとしても、自分に明確な目標があり、その達成に役立つものであれば、おのずとモチベーション高く維持できることもあるでしょう。

また、きつい時間を乗り越えれば、一皮むけた新たな自分に出会えるかもしれません。

本記事が、みなさんの長期インターン選びの参考になりましたら幸いです。

UT-Board イメージ画像

新しい長期インターンを探している方におすすめしたいのが、ハイクラス求人サイト "UT-Board" です!

当サイトは、高学歴学生向けにハイレベルな求人を取り扱っており、多くの学生の皆様にご好評の声を頂いております!

  • 長期インターン選びで失敗したくない
  • 長期インターンのガクチカで絶対に就活を成功させたい

と考えているそこのあなた。

UT-Boardで新たな第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

ハイレベルな長期インターンが見つかる

UT-Board編集部ロゴ
UT-Board編集部ロゴ

UT-Board編集部

UT-Board は、ハイクラス大学生向けの長期インターンに特化した求人サイトです。 UT-Board 編集部は全員が長期インターンを経験済みの現役東大生・東大卒で構成されており、ハイクラス大学生に寄り添った専門家の立場から長期インターンに関する情報を発信しています。
また運営を行う 株式会社Brotial は、 認可情報と届出受理番号 (51— 募 — 000715号)を持つ求人情報提供事業者です。詳しい運営者情報・著者情報はこちら

「エリートなキャリア」
につながる、長期インターン。

UT-Boardのロゴ
ログイン

関連記事

長期インターン サイト おすすめ

【東大生が選ぶ】長期インターンサイトおすすめ8選!

本記事では東大生が選ぶ長期インターンサイトのおすすめ9選を紹介します! 就活に成功するインターンサイトの選び方や、登録方法・注意点等に関しても説明します!

WED アイキャッチ

「ビジネスの見え方が180度変わった」- 東大生が語るWEDの魅力とは

現役東大生が語る!WED株式会社の魅力と長期インターンの重要性とは? 実際のインターン経験を通じて、WEDでの成長や学び、キャリアへの影響を深掘りします。

MBB

戦略コンサル "MBB" にわずか「2ヶ月」のケース対策で内定!|~合格の秘訣をインタビューで徹底解明~

就活最高峰のMBB(マッキンゼー,ベインアンドカンパニー,ボストンコンサル)に"2ヶ月"の選考対策で内定を獲得した東大生へのインタビューを通して成功の秘訣を徹底解明。 短期間で内定を獲得するための具体的なステップとアドバイスを詳しく紹介。

【2024年5月最新】長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選! アイキャッチ

【2024年5月最新】長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選!

長期インターンを探す際、「募集企業が多すぎて、どのような企業が良いのかわからない」、「ベンチャーと大手の長期インターンってどっちが良いの?」このような疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか? 本記事では、そのような疑問を解決するため、現役東大生である筆者が独自にリサーチした、長期インターンにおすすめの大手・ベンチャー企業30選を紹介します! また、大手とベンチャーの特徴比較、長期インターン先の探し方、おすすめの長期インターンサイトなども合わせて解説しますので、悩める大学生はぜひ参考にしてみてください!